レディース用の薄毛治療

薄毛は男性特有の悩みと思いがちですが、近年では薄毛に悩む女性が増えてきています。女性が薄毛になってしまうと髪にボリュームがなくなり、老けた印象になってしまいます。改善したいと思っても、女性の薄毛は男性の薄毛とは原因が異なるため注意が必要です。

原因に合わせたレディース用の薄毛治療を行なっていくことが改善へとつながります。

女性の薄毛の原因

近年では薄毛に悩む女性が増えてきています。同じ髪が薄くなるという症状でも男性と女性では引き起こされる原因が大きく違います。そのため男性の薄毛と同じ対策をとったとしても効果が出ないケースも考えられます。レディース用の薄毛治療を行う前に、女性の薄毛の原因を知ってから対策を取ることが大切です。

女性特有の薄毛は「女性型脱毛症」と言います。男性の場合、額の生え際や頭頂部あるいは両方の一部分から進行していくことが特徴ですが、対して女性型脱毛症は前頭部を中心として髪の毛のハリやコシがなくなり、髪の毛が細くなってボリュームが減ってしまい全体的に薄くなるという症状になります。

原因はいくつか考えられます。

最も多いのが加齢による衰えです。加齢とともに髪の毛を作る細胞などが衰えていくことで薄毛につながります。また、女性ホルモンも大きく関係しています。加齢によって女性ホルモンが減ることで髪の毛のツヤやハリ、コシなどがなくなっていきます。

遺伝することで、薄毛になるということも珍しくないとされています。それ以外にも、外的要因も挙げられます。オシャレとして髪の毛を染めたり、パーマをかけるなどを繰り返すことで頭皮に負担がかかったり、間違ったヘアケアをしているなども薄毛の原因の一つとなります。


女性の薄毛の症状

原因は様々なものがありますが、薄毛の症状は個人によって異なります。ケアをする前に自分はどのタイプなのかを知ることも重要です。まず、女性の薄毛の原因としてあげられるのが「びまん性脱毛症」です。髪の毛全体が薄くなって分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えてしまう脱毛症で、女性の薄毛で一番よく見られるタイプになります。

更年期前後によく見られるタイプで、ストレスやダイエット、間違ったヘアケア、ホルモンバランスなどの要因によって引き起こされます。「分娩後脱毛症」は、文字通り分娩後に現れる症状です。妊娠するとホルモンバランスは通常とは異なる状態になる上、赤ちゃんを出産後にホルモンの影響によって髪の毛は一気にヘアサイクルが休止期に移行します。

休止期になると髪の毛が抜けてしまうため薄毛になります。ただし、出産後にホルモンバランスが元に戻れば自然に回復していきます。「ひこう性脱毛症」はフケによって毛穴が塞がり、炎症を引き起こして髪の毛が成長できなくなると引き起こされる薄毛です。

こまめにシャンプーをしたり、力強く洗っているという人に多く現れる症状になります。また、脂漏性皮膚炎になっている場合もこの薄毛になりやすくなります。「牽引性脱毛症」は、長期間髪の毛を強く引っ張ることによって起こります。

ポニーテールなどの髪を引っ張る髪型や分け目がずっと同じだと起こりやすい薄毛です。ただし、髪型を時々変えることで簡単に防げます。


クリニックで行う薬を使った治療

男性の場合、薄毛になったら原因である男性ホルモンを抑制する薬などを利用して薄毛を改善していきます。女性の場合は、定番のミノキシジルなどの薬を内服することによって治療していきます。ミノキシジルは、血管を拡張する作用があり血管を広げることによって血行を良くして、頭皮に酸素や栄養を行き渡らせやすくなるという効果を得ることができます。

また、女性の薄毛でよく使われるのが女性専用の育毛剤です。女性専用の育毛剤は、薄毛を改善するために作られた特別構造のアミノ酸やタンパク質、ケラチン、ビタミンB群などが配合されており、髪の毛の成長を刺激することで発毛を促します。

外用薬を併用することも内服薬の効果を高められます。主に使われるのがミノキシジルですが、他にも効果的な薬があります。加齢による抜け毛の原因を抑制する効果があり、元々は男性用の薄毛治療薬で、男性の薄毛の原因である男性ホルモンの生成を抑制する効果が期待できます。

また加齢による抜け毛を抑制する薬は作用が緩やかなため男性だけではなく女性の薄毛に対しても有効なことがわかっています。そのほか、有効成分を配合したシャンプーなどを利用することでより効果的に薄毛治療が行えます。

合わせて読む:通院による薄毛治療を行う場合の病院の選び方と失敗しないポイント

そのほかの薄毛治療

薬だけでも十分効果は得られますが、体質によっては薬が効かないというケースもあります。そんな時には、直接頭皮に有効成分を注射で注入するという治療方法も選択肢として挙げられます。その一つが育毛メソセラピーです。

育毛メソセラピーはクリニックによって配合される有効成分が異なりますが、アミノ酸やビタミン、血管を拡張する成分などが配合されています。有効成分を直接頭皮に注入することで効率的に髪の毛に栄養などを与えることができ、成分の効果を発揮させることが可能です。

育毛メソセラピーの一種であるHARG療法では、成長因子が含まれているという違いがあります。近年注目されているのが、光治療です。専用のレーザーを頭皮に照射することによって血行を促進することができ、衰えてしまった毛母細胞を活性化させることができます。

毛母細胞が増殖すれば、発毛につなげることができます。また、メインの治療の補助として血液検査で不足していたアミノ酸やビタミン、ミネラルなどを補うサプリメントが処方されることもあります。直接的に髪の毛を発毛させることはできませんが、足りない栄養を補うことで髪の毛が成長しやすくなります。

自分でできるケア方法

レディース用の薄毛治療は様々なものがありますが、効果を出すためには自分でケアしていくことも大切です。

過度なダイエットや不規則な生活、ストレスや脂質や糖質の多い食事などは薄毛につながるため避けることが改善につながります。まず、簡単な対策がシャンプーを変えてみるということです。市販のシャンプーは洗浄力が強く、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

それを避けるためにも頭皮の環境を整えて、発毛や育毛をサポートするスカルプシャンプーを選ぶことがオススメです。そのほかのケア方法としては、脂質や糖質はなるべく控えめにして髪の毛に必要なミネラルやビタミン、良質なタンパク質をとれる栄養バランスに気をつけた食事を心がけます。

睡眠も量や質に気をつけながら、規則正しい生活をしていきます。そのほか、ストレスコントロールをする、正しいヘアケアをすることなどが重要です。